独学で法律を学んでいたら

私はある資格を取得するために法律を学ぶ必要が生じてきました。
専門の学校に通うことも考えたのですが、結局私は独学で勉強することに決めました。
一人で勉強するためにいろいろとテキストも買い揃えていざ勉強を始めてみると、自分でも驚くくらいスムーズに法が頭の中に入ってきました。
やはりしっかりと下準備をしてから勉強を始めたのが良かったのだと思いました。
その後も私はずっと独学で法の勉強を重ねていったのですが、次第に壁に当たるようになりました。
難しい条文を正確に理解することに困難を感じるようになったのです。
私は辞典などを読んでわからない部分を正確に理解しようと努めたのですが、そんな私の努力が実を結び何とか理解できるようになりました。
やはり諦めない心が大切なのだと私は感じました。
わからないからといって法を理解するのを諦めていたら、私は途中で挫折していたかもしれません。
そして私は今も独学で法律の勉強を続けています。